伝統産業「高岡鋳物(たかおかどうき)」

陽進堂から、富山県を代表する伝統産業「高岡鋳物(たかおかどうき)」をご紹介します。
高岡鋳物の歴史は、近世初頭の高岡開町から始まりました。
鍋や釜などの台所用品や鍬などの農工具といった鉄の鋳物を生産していましたが、江戸時代の中ごろになると釣鐘や灯篭といった銅鋳物が作られるようになったんです。
そして江戸時代の終わりごろには、花瓶など美しさを重視した製品を作り、海外に輸出されるようになったんです。すごいでしょう。
高岡市鋳物資料館ではその歴史をさらに詳しく知ることができますよ。